Career change
success stories
転職成功者インタビュー

imgimg

黄 昭恩さん

前職
飲食業
転職企業
株式会社からくさホテルズ札幌(ホテル)
職種
ホテルスタッフ(立ち上げメンバー)

北海道で暮らしたい、人の役に立ちたい。夢を叶えるため北海道企業のコアポジションへ。

Q1

日本に転職しようと考え始めたきっかけは何ですか?

日本文化に興味を持ち、高校から大学まで日本語を勉強していました。しかし卒業後いざ日本に就職をしようとすると、条件が良い仕事はすべて、高い経験値が求められることがわかりました。それならばと、まずは日本で一年間のワーキングホリデーを申請。ワーキングホリデー期間中にバイトをしながら日本を旅行していると、更に日本が好きになりました。そこでもし機会があったら、ここに長く住んでみたいと思うようになりました。
特に北海道は広くて、大自然も大都市もあり、バランスが一番良いと感じました。

Q2

そのとき、どんな懸念点や不安な点がありましたか?

緊急時に、友達も家族もいなかったらどうしようと思いました。何かあった時に自分で何とかしなければならないことは成長と繋がりますが、海外での一人暮らしは友達が必要だと思います。

img
Q3

日本に転職しようと決意できた、一番のポイントは何ですか?

img

ワーキングホリデー期間中、文化の違いや言語能力の不足でたくさんの人に迷惑を掛けました。日本は頑張りすぎている国だと思いますが、でも素敵な国です。恩返しにはならないかも知れませんが、言葉が通じなくて困っている人や、文化の違いで誤解される人の力に少しでもなれればと思いました。

Q4

日本で働きはじめて、仕事や職場文化・労務環境など、苦労したことはありましたか?また、どのように乗り越えたかも教えてください。

日本の敬語文化、お世辞、ビジネスマナーなど、実際に日本で生活してみないと分からないことはたくさんありました。本当の事を話してくれる友達を作ったり、ネットで情報を検索したり、他の日本人の対応を観察して学んだりしています。幸い、今の職場の仲間は寛大な方が多く、いつも助けてもらいながら勉強しています。

Q5

現在の仕事について、どんなお仕事を担当し、どんなことにやりがいを感じられていますか?

今はホテルのフロントの仕事をしています。日本人のお客様はもちろん、海外のお客様もたくさんいらっしゃいます。一日中ずっと中国語しか話していない時もあります。
私の言語能力や旅行経験で、お客様がより良い日本の思い出をつくることが出来るように頑張っています。また時々、お客様から温かいお言葉を頂いて、感動することもあります。

img
Q6

台湾から日本に来て、生活・プライベート面で変化はありましたか?

img

一番大きく変わったのは、バイクに乗らなくなったことです。札幌には地下鉄があって、生活するのに十分ですので、車もバイクも必要ではなくなりました。
そして甘党だった私が、無糖なものばかり飲むようになりました。日本では緑茶、コーヒーを無糖で飲む事が多く、知らないうちに無糖の緑茶を普通に飲むようになりました。時々台湾の味が欲しくなる時は、家で台湾料理や台湾のドリングを作っています。

Q7

東京や大阪など、日本の大都市ではなく今の都市を選んだ理由は何ですか?

台湾生まれの台湾人ですが、暑がりで、汗かきです。北海道は夏も涼しい時期が多く、快適です。おまけに、食べ物がおいしいし、空気もおいしい。雪も降ります。生活しやすい素敵なところだと思います。

  • TOP
  • 転職成功者インタビュー
  • 「日本で転職したいけど興味ある求人が見つからない」
  • 「希望の求人を探したけど見つからない」
  • 「もっと詳しい内容を知りたい」

キャリアコンサルタントが
サポート致します。 まずはコチラよりご連絡ください。

日本北海道転職支援サービスに
エントリーはこちら